作業例【パッキン/カートリッジ交換作業】 | 水の救急隊 |

0120-50-8000

メールでのお問い合わせはこちら


HOME > 作業例とお得情報 > パッキン/カートリッジ交換作業

            

パッキン/カートリッジ交換

作業例(パッキン/カートリッジ交換)

パッキン交換

パッキン類


配管部材や金属の接続部に使用します。

接続部へパッキンを入れ込むことで、
接続部分からの水漏れをなくします。

1つの単水栓でも多くのパッキンが
使われています。

パッキンは蛇口や配管など、様々な部品の接合部分に使用されています。
主な用途は接続部分からの水漏れを防ぐことです。

ただし、劣化が進むとパッキン自体が切れてしまったり、ひび割れなどを起こします。
こうなると隙間から水漏れが起こります。

さらにひどくなると、水が止まらないなどの可能性も出てきます。
水圧の力は想像以上に強いので、普段から違和感や、
水の止まりが悪いと感じられましたら早めの点検をおすすめ致します。

※水の救急隊では目視での点検・見積もりは無料です。 お気軽にご相談下さい。



ポイント

 ・蛇口や水道管などの接合部に使用して漏水を防ぐ部品。
 ・ゴム製のものが多い。
 ・1つの蛇口の内部には多くのパッキンが使われている。
 ・劣化すると空回りや水漏れを起こす。





カートリッジ交換

カートリッジ(水栓)


レバー型の水栓などに使用されている部品です。

吐水・止水・温度調節などを簡単に調整できます。



最近の水栓は1つのレバー(シングルレバータイプ)を操作するだけで
吐水・止水・温度調整を行えるようなものが増えてきました。
それらの作業を一手に行えるようにしたのが、カートリッジです。
温度調整ダイヤルが付いているタイプなどもあります。

操作が簡単になった分、部品は複雑化しており、カートリッジが壊れると
吐水・止水・温度調整の全てに不具合が出てきます。
こちらも使用中に違和感を感じたり、レバーが動きにくいなどがあれば
早めの点検をおすすめ致します。

※水の救急隊では目視での点検・見積もりは無料です。 お気軽にご相談下さい。



ポイント

 ・混合水栓などに使用されている部品です。
 ・吐水・止水・温度調整を行う。
 ・カートリッジが壊れると様々な不具合が起こる。
 ・部品代が高めである。



〇節水型トイレ
〇節水型ジャワー水栓/シャワーヘッド

作業依頼はこちらまで!お客様相談室0120-50-8000。9:00~18:00(日・祝日は除く)